こどもみらい住宅支援事業でおトクにリフォーム

こんなリフォームで
補助金がもらえます

窓・ドアの断熱改修
外壁、屋根・天井、床の断熱改修
節水型トイレ
高断熱浴槽
手すりの設置
高効率給湯器

リフォームの一例

制度 こどもみらい住宅支援事業とは?

こどもみらい住宅支援事業とは、
省エネ性能がある住宅の購入やリフォームなどをした方を補助するために、
施工業者を介して、消費者へ補助金を支給する制度です。

子育て世帯や若者夫婦世帯に高い省エネ性能を有する
住宅の購入やリフォームの補助をすることで
子育て支援および2050年カーボンニュートラルを
実現させる目的があります。

【補助金額】最大30〜60万円

工事内容に応じて
最大30〜60万円の補助金が
交付されます。

リフォーム1戸あたり、若者夫婦・子育て世帯の方は上限45万円、
それ以外の一般世帯の方は上限30万円となります。
ただし、それぞれ条件によって上限がさらに引き上げられます。

【一般の方】1戸あたり、上限30万円。安心R住宅を購入しリフォームを行う場合、上限45万円
【若者夫婦・子育て世代】1戸あたり、上限45万円。既存住宅を購入しリフォームを行う場合、上限60万円

※「若者夫婦世帯」とは、申請時点において夫婦であり、令和3年4月1日時点でいずれかが39歳以下(すなわち昭和56(1981)年4月2日以降出生)の世帯。
「子育て世帯」とは、申請時点において、子(令和3年4月1日時点で18歳未満、すなわち平成15(2003)年4月2日以降出生の子)を有する世帯。

※補助金額の合計が5万円未満の場合は交付対象外ですのでご注意ください。

【対象工事】たとえばこんな工事や設備でおトクにリフォームできます

1つ以上の省エネリフォームを行うことで、
補助金交付の対象となります。

いずれか必須

❶ 開口部の断熱改修

ガラス交換 最大 8,000 / 枚 
内窓設置・外窓交換 最大 21,000 / 箇所
ドア交換 最大 32,000 / 箇所

❷ 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修

外壁 102,000 / 戸
屋根・天井 36,000 / 戸
61,000 / 戸

❸ エコ住宅設備

太陽熱利用システム 24,000 / 戸
節水型トイレ 最大 19,000 / 台
高断熱浴槽 24,000 / 戸
高効率給湯器 24,000 / 戸
節湯水栓 5,000 / 台

任意

上記の❶~❸のいずれかの工事と同時に行えば補助金が交付されます

❹ 子育て対応改修

ビルトイン食器洗機 19,000 / 戸 
掃除しやすいレンジフード 10,000 / 戸 
ビルトイン自動調理対応
コンロ
13,000 / 戸 
浴室乾燥機 20,000 / 戸 
宅配ボックス(住戸専用) 10,000 / 戸 
窓・ドアの防犯性向上 最大 43,000 / 箇所
窓・ドアの生活騒音対策 最大 32,000 / 箇所
キッチンセットの対面化 86,000 / 戸 

❺ バリアフリー改修

手すりの設置 5,000 / 戸
段差解消 6,000 / 戸
廊下幅などの拡張 28,000 / 戸
ホームエレベーターの新設 150,000 / 戸
衝撃緩和畳の設置 17,000 / 戸

❻ 空気清浄・換気機能付きエアコン

最大 24,000

❼ 耐震改修

150,000

❽ リフォーム瑕疵保険等への加入

7,000

補助金交付のイメージ

60万円の補助金を取得

30代 子育て世帯 Aさんの場合

既存住宅を購入しリフォーム

現在30代のAさんご家族は、既存の戸建住宅を購入しリフォーム。
経年劣化した設備を新しくしつつ、同時に断熱の改修を行い、快適なマイホームをお得に手に入れました。

補助金内訳

掃き出し窓4ヶ所外窓交換 2.1万 × 4ヶ所 8.4万円
腰窓9ヶ所外窓交換 1.6万 × 9ヶ所 14.4万円
玄関ドア交換 3.2万 3.2万円
節水型トイレ 1.9万 × 2ヶ所 3.8万円
高効率給湯器 2.4万 2.4万円
高断熱浴槽 2.4万 2.4万円
節湯水栓 0.5万 × 3ヶ所 1.5万円
床の断熱 6.1万 6.1万円
天井の断熱 3.6万 3.6万円
ビルトイン自動調理対応コンロ 1.3万 1.3万円
ビルトイン食器洗機 1.9万 1.9万円
浴室乾燥機 2万 2万円
キッチンの対面化 8.6万 8.6万円
リフォーム瑕疵保険等への加入 0.7万 0.7万円
  合計 60.3万円
子育て世帯で、かつ
既存住宅購入&リフォームなので

補助金上限の引き上げ!

上限により 60万円を取得!

補助金交付のイメージ

30万円の補助金を取得

60代シニア世帯 Bさんの場合

既存戸建住宅をリフォーム

現在60代のBさんご夫婦は、30年住んできた戸建住宅をリフォーム。
省エネな暮らしを実現しつつ、老後のことを考えバリアフリーな空間を手に入れました。

補助金内訳

掃き出し窓8枚ガラス交換 0.8万 × 8ヶ所 6.4万円
腰窓12枚ガラス交換 0.6万 × 12ヶ所 7.2万円
節水型トイレ 1.9万 × 2ヶ所 3.8万円
高効率給湯器 2.4万円
高断熱浴槽 2.4万円
節湯水栓 0.5万 × 3ヶ所 1.5万円
床の断熱 6.1万円
天井の断熱 3.6万円
手すり 0.5万円
段差解消 0.6万円
リフォーム瑕疵保険等への加入 0.7万円
  合計 35.2万円

上限により 30万円を取得!

【申請】申請手続きまでの流れ

申請手続き、補助金の受取と一般消費者への還元は
『こどもみらい住宅事業者』が代わりに行います。

一般消費者の方が
申請することはできません

※「こどもみらい住宅事業者」とは、消費者に代わり、交付申請等の手続きを代行し、
交付を受けた補助金を消費者に還元する者として、あらかじめ本事業に登録した施工業者です

※予算の上限に達した場合、予告なく予約申請・交付申請の受付を終了します。
契約前に施工業者に補助金について詳しい内容をご確認ください。

※建築工事着工後に補助金の予約申請が可能です。予約によって補助金が3カ月間確保されます。
予約を行っただけでは交付申請を行ったことにはならないのでご注意ください。
予約申請後3カ月以内に交付申請がなかった場合、その予約は取り消されます。

※原則として、施工業者と工事発注者との間で、工事請負契約と同時に共同事業実施規約を締結し、
補助事業の実施や補助金の受け取り(工事代金に充当、または現金還元)について取り決め、交付申請時に提出します。

消費者も事業者も
おトクにリフォーム

一般消費者

消費者夫婦
こどもみらい住宅支援事業の補助金って
施工業者に支払われるの?
そうです。一旦施工業者に支払われ、
補助金そのものを消費者に還元したり、
工事費や設備の代金に充当されます。
消費者夫婦
他にはおトクなことはないの?
省エネリフォームをすることにより、
快適に暮らせ、
光熱費がその後ずっとおトクになります!

施工業者

施工業者
わたしたちリフォーム施工業者が
申請するんですよね?
はい。リフォームの場合、まずは
着工前にこどもみらい住宅事業者に登録する
必要があります。
工事完了後に、リフォーム施工業者が
補助金の交付申請を行います。
補助金を工事代金に充当できるので、
お客さまの予算が増えます!
こどもみらい住宅支援事業って
おトクなことだらけですね!!

こどもみらい住宅支援事業の案内

全国の安心リフォーム事業者が検索できます

リフォーム事業者をさがす

リフォームでの補助金の交付は、令和5年3月31日までに工事を終え、同日までに補助金交付の申請を済ませることが条件になります。また、交付金額の最低限度もあります。
補助金の予算の上限に達した場合、予告なく受付を終了します。