■ページ本文テキスト■

13実践レポート@M工務店における耐震リフォームの流れ1ヒアリングと事前チェックお客様からリフォームの相談を受けると、まずご自宅にうかがい、現状建物についてお困りの点やご要望をうかがいます。その際、過去に実施した修繕やリフォームの履歴、既存図面類の有無も確認します。同時に、目視による簡易な事前チェックを実施します。図面がない場合は新規に作成するため、採寸等も行います。次回の現場調査のため、併せて点検口の有無も確認し、ない場合には点検口を新たに設置してもよいかをお客様に確認します。■事前チェックシート■新規作成した現状図面第1回の打ち合わせで訪問した際に計測したデータをもとに、現状の図面を作成。M工務店では平面図だけでなく、立面図も作成する(第1回時点では精密でなく、大まかな図面の場合もある)。初回の打ち合わせ時に確認するための事前チェックシート。建物の竣工時期や工法、仕様のほか、設計図書の有無、次回建物調査のための点検口の場所についても確認する。