■ページ本文テキスト■

338・相談先性能向上リフォームガイドブック耐震編会って確かめる際の大きなポイントは、耐震関連の何らかの業者リストへの登録、地元密着、耐震補強工事の実績の3つです。納得のいく対応や説明が聞けて、安心感があれば、次のステップに進んでも基本的に問題ないでしょう。実際に工事した住宅などを見せてもらえればなお安心です。小規模なリフォーム工事は、実は、建設業者の登録がなくても営業できるのですが、耐震性の向上リフォームは、建物の根本性能に関わる内容ですから資格や登録、実績の有無が基本的な判断基準になるのです。技術的な話や契約内容など、難しいことや判断しにくいことが多いかもしれません。しかしリフォームに長けた業者であればあるほど、説明が上手でわかりやすいはずです。不安感が残れば、同じことを他の業者に聞いて比較してみると良いでしょう。登録・地元・改修工事実績が3大ポイント比較すれば、当然迷い始めます。信頼感がなければ始まりませんが、どっちもどっちという時は、地元の方を選ぶのが良いでしょう。リフォーム工事は引渡し後も調整が多い傾向があるため、万一のとき、短時間で来られる業者のほうがトラブルになりにくいからです。迷ったら地元の人ここがポイント!迷ったら地元専門家、業者を選ぶ目安@耐震補強工事の経験が豊富なこと。A実績のある例を見せてもらえること。B関連した業者リストに登録していること。C工事する家から比較的近いところに拠点があること。D性能向上や補助金などの内容を具体的に説明できること。