■ページ本文テキスト■

性能向上リフォームガイドブック耐震編072・進め方●着工〜引き渡し以降の流れ改修設計図と見積り内容を確認し、請負契約を結べば、工事が始まります。リフォーム工事では、既存部分との取り合いや解体範囲を慎重に決める必要があります。古い土壁の家などであれば、解体そのものも丁寧に行いますし、解体してみて初めて分かることも多いので、段取りや施工には新築よりも手間と時間がかかるのが特徴です。そして引渡しを受けてからも1年ぐらいはアフターケアと合わせて様子を見る期間と考えておいたほうが良いでしょう。図2-2着工〜引き渡し以降の流れ