■ページ本文テキスト■

参考近年の省エネルギー化の動きから住宅部品にも、その傾向が出て来ています。住宅をリフォームする際は、省エネルギー効果の高い次のような住宅部品の採用を検討してみましょう。当初の費用はかかっても、維持費が安く、結局は得になることもあります。潜熱回収型ガス給湯器(エコジョーズ)給湯機省エネ、節水型の住宅部当初の費用はかかっても維持費