■ページ本文テキスト■

性能向上リフォームガイドブック省エネ編133・エコポイントエコポイント発行対象外に注意!国からの補助金を受けて窓・外壁などの断熱工事を行なっている場合は、エコポイントの発行対象外となります。ただし、国の補助が高効率給湯器、太陽光発電設備などを対象としているときは、建物の断熱工事についてエコポイントの対象となります。スタート30万ポイントまで発行エコポイントの発行は、住宅で行った「省エネリフォーム工事」が対象です。すなわち、平成11年制定の「次世代省エネ基準」に適合する断熱工事を行なった場合に、エコポイントの発行申請ができます。このとき、住宅の種別は問いません。持ち家・賃貸住宅、一戸建て住宅・マンションなどの共同住宅のどれでも対象になります。エコポイントが発行される省エネリフォーム工事の着手期間が決まっています。平成22年1月1日から12月31日に工事に着手したもので、平成22年1月28日以降に工事が完了し、引き渡されたものです。エコポイントを発行する対象は?対象になる省エネリフォームの工事期間は?図3-1住宅版エコポイントのスケジュール平成22年2010年平成23年2011年1月1日1月28日12月31日3月31日3月31日まで3月31日まで省エネリフォーム着工工事完了・引き渡しウチは対象外?補助金は太陽光発電機ですね。建物のほうはエコポイントOKですよ平成25年2013年エコポイントの発行申請エコポイントの交換申請工事完了・引き渡し期限は設けられていませんが、エコポイント申請期限が平成23年3月31日であり、その以前に完了している必要があります。