■ページ本文テキスト■

性能向上リフォームガイドブック省エネ編03い住まいへ性能アップ!の排出量を削減次世代省エネルギー基準(平成11年制定)にあわせて、高水準の省エネリフォームを1・基礎知識夏場に冷房しても、なかなか冷えないということはありませんか。そのため設定温度を低くしがちになり、長時間つけっぱなしになることも。また、エアコンを停止すると短時間で室内温度が上がってしまいます。これは外気の熱が家の中に伝わりやすいからです。冬場に暖房しても、なかなか温まらないということはありませんか。部屋の上のほうは暖かいが、足元が冷えている。廊下・トイレなどが寒く、家の中の温度差が大きいなど。これは、せっかく暖房で温めた熱が家の外へ伝わり、逃げてしまうからです。省エネ基準は「エネルギーの使用の合理化に関する法律(省エネ法・昭和54年制定)」にもとづき、1980年(昭和55)に定められました。そこには省エネ住宅の設計・施工などの指針が示されています。これは「旧基準」と呼ばれ、その後、1992年(平成4)、1999年(平成11)の2度改正され、徐々に目標とする断熱水準が高くなってきました。平成4年制定を一般的に「新基準」、平成11年制定は「次世代基準(次世代省エネルギー基準)」といい、次世代基準では気候の地域差を考慮し、対策がきめ細かく定められています。これらの効果により、最近の住宅になるほど省エネ水準が上がっています。省エネリフォームでも、次世代基準にそった設計施工を行なうことが、エコポイント、減税などの制度を利用できる条件となっています。省エネリフォーム省エネ基準LifeEarthMoneyCO2削減夏冬冷房が効かない暖房が効かない足元が寒いナルホド!エコポイントや減税を受けられますよ断熱化効果@快適なくらし効果A地球を守る効果B光熱費の節約