■ページ本文テキスト■

●浴室ー2ヒートショック(※)をなくす3場所別ポイント和風浴槽は避ける高齢者の家庭内事故で、最も多いのが入浴中の溺死であることは3ページに書いたとおりです。これは「寒い浴室・熱いお湯」の温度差のために血圧が急激に下がり、脳虚血の状態で気を失うことが原因とみられています。これを防ぐには、下の2点が有効です。※ヒートショックとは、急激な温度の変化が、身体に及ぼす影響のことです。