■ページ本文テキスト■

273・場所別ポイント浴室ユニットは簡単に設置できるが…性能向上リフォームガイドブックバリアフリー編以上の基本的な構成のほか、浴槽の縁に腰掛けられるスペースを設けると使いやすいでしょう。いずれも浴室ユニットなどで対応可能ですが、障害を持った場合、浴槽の出入り動作はその障害の程度や位置、介助の要不要などにより、出入口と洗い場、浴槽との好ましい位置関係は変わる可能性があります。健康なときにそこまで細かく決めることはできませんし必要もありませんが、そのような状態になったときに簡単に改修できるよう、出入口の位置と開口幅だけは変えずに済むようにしたいものです。ここがポイント!脱衣室に暖房装置をこの色の部分が後から必要になる可能性が高い部分や部位です。これらが取り付けやすいように考えておけば良い訳です。図3-32住宅改修の給付対象となる工事範囲(浴室)(「介護保険における住宅改修実務解説」財団法人住宅リフォーム・紛争処理支援センター)