■ページ本文テキスト■

●廊下・階段幅員の確保がカギ中途半端な段差をなくす3場所別ポイント手すり下地板は耐震補強も兼ねて廊下は、水回りや居間、寝室などとの間を容易かつできるだけ短い距離で移動できることが肝要です。曲がり角は、車いすになったときなど曲がるための最低寸法が必要になる(図3-13)ので、できれば曲がり角を通らなくて済むようにしましょう。必要に応じて、小回りのきく車いすを使用する方法もあります。屋内の面積が限られていると