■ページ本文テキスト■

●玄関手すり一つで履き替えが楽に3場所別ポイント土間部分は広めに玄関は、履物の着脱がしやすいようにするのが基本です。加齢によって体の動きが不自由になったときには、つかまり立ちや座ることができると楽なので、手すりや簡単な腰かけを適切な位置に付けられるよう、考えましょう。また土間部分は、できれば1.5m角程度のスペースを確保しておきた