■ページ本文テキスト■

「備え」の形を組み込む10年後の必要性を見据えて1備え「備え」もバリアフリーの大事な柱「備え」といっても、あまリ使わない手すりを今すぐつけようというのではありません。手すりがなくても問題なく暮らせるときはかえって邪魔になることもあります。大事なのは、将来必要になったときでも「容易に」「大掛りでなく」「お金をあまりかけずに」できる状態にしておけば良いということです。