「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅷ
9/100

03長寿命化リフォームの定義と意義図1ー1 長寿命化リフォームの定義長寿命化リフォームとは…既存の住宅において●数世代にわたって安全・安心に長期に生活できる 耐久性、耐震性、維持管理・更新の容易性●新築時に比べて、より充実した生活を送ることができる 省エネルギー性・バリアフリー性などの性能を向上させることで、長期にわたって使用され続ける住宅ストックとし、次の効用(ここでは価値は効用に基づいて評価されると考える)を実現するリフォームを指す。★住まい手の生活環境や生活の質が向上する★長期にわたって住み続け、住み替えられることを可能とする★個人や社会の資産となる価値と流動性が得られる①付与すべき性能②効用(ベネフィット)建物の機能・性能を維持するための必需リフォーム日々の暮らしの快適性に欠かせない行為故障や修繕など、必要に迫られて実施するリフォーム●劣化・不具合箇所の修繕 ●設備機器交換 ●内装変更 ●軽微な維持管理行為 などこれから欠かせない新しいリフォームのかたち従来型リフォーム既存住宅の長寿命化に関する国の支援として、「長期優良住宅化リフォーム推進事業」による補助制度や「長期優良住宅(増改築)認定制度」に基づく税制の優遇措置などがありますので、ご確認ください。

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る