「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅷ
77/100

71長寿命化リフォーム提案のための体制づくり表4−7 事業者にとっての長寿命化リフォームのメリット例提案・実施項目概 要改修部位 ・内容等の拡大● 機能回復型のリフォームより工事内容が大型化しやすい● 提案性が求められていくため、設備更新工事等の必需リフォームにありがちな値引き競争を避けやすい他社との差別化● インスペクション力、構造計算等を含んだ設計力、構造部も取り扱える高度な施工力が、他社との大きな差別化につながる● 長寿命化リフォームの提供による実績が、信用力の強化につながっていく永続顧客化● アフターサービスやメンテナンス、長期修繕計画等の提示・活用等によって、住まい手との永続的な関係性を築くことが可能になる● 良好な関係づくりから信頼感を獲得できれば、新規リフォーム客の紹介も期待できる事業者にとっても、長寿命化リフォームに取り組むメリットは多大表4−8 長寿命化リフォームに取り組むに当たって強化したいスキル強化したい項目概 要建物を長寿命化 ・性能向上させる技術力(ハード面)建物の現状性能に基づき、適切な住宅性能を提供する能力は必須●建物の現在の性能を正確に測定、提示できるインスペクション力●現状性能に基づいて、適切でコスト面でも妥当な住宅性能を付与する設計力・施工力お客様とのコミュニケーション力(ソフト面)お客様のご希望や本音を引き出せるコミュニケーション力が不可欠●住まい手のお困りごと、ご希望を的確に引き出せるヒアリング力●住まい手の困りごとを解決できるプランニング力●住まい手の暮らしのイメージにマッチしたデザイン、コーディネート能力長期にわたっての緊密なリレーションリフォーム後も関係を保ち、生涯顧客化させる体制づくりを● アフターサービス体制の充実●長期修繕計画等の提示・活用●定期点検、定期訪問の実施●「住まいのかかりつけ医」として何でも相談してもらえる関係づくり3つの力で長寿命化リフォームに取り組んでいきましょう

元のページ  ../index.html#77

このブックを見る