「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅷ
15/100

09長寿命化リフォームの定義と意義安心な住まいと暮らし健康的な住まいと暮らし● 長寿命化リフォームは、  住まい手の生活の質の向上を実現する手段です。ここがポイント!図1ー10 長寿命化リフォームにより得られる効用(ベネフィット)のイメージ長寿命化リフォームにより必要な性能を付与することで、安心・快適・健康的な住まいと暮らしが得られます長寿命化リフォームにより得られる安心・快適・健康的な住まいと暮らし 長寿命化リフォームは、性能向上リフォームを行うことにより、住まい手にとっての「安心」「快適」「健康」といった豊かな住まいと暮らしに欠かせない効用(ベネフィット)をもたらす手段といえます。(図1−10) 長寿命化リフォームでは、例えば、「建物の状況にあわせた性能向上」を行うことにより、主に耐震性・耐久性・維持管理・更新の容易性の向上といった「安心」や、主に省エネルギー性・バリアフリー性といった「快適」が得られます。また、省エネルギー性(断熱性)を向上させることにより室内温度の寒暖差を低減でき、ライフスタイル・家族構成の変化にあわせた間取りの改変を行うことによりプライバシーの確保・時間を共有できる空間などの「健康」につながる効用(ベネフィット)が得られます。豊かな生活を得られる長寿命化リフォーム 長寿命化リフォームにより得られる豊かな生活を送ることのできる住宅の例を挙げてみましょう。 例えば、「家庭内での事故が起こりにくい」、「心身がリラックスできる」、「暑さ・寒さを軽減し快適に暮らせる」、「健康的な生活ができる」、「孫・子が遊びに来る」住宅などが考えられます。 私たちが生活を送る上で欠かせない「衣・食・住」の一端を担う「住まい」に求められる性能を付与し、こうした生活を送ることが期待できる住宅を実現する手段が長寿命化リフォームなのです。 快適な住まいと暮らし生活の質の向上①安心・快適・健康的な住まいと暮らし性能向上リフォーム

元のページ  ../index.html#15

このブックを見る