「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅶ
95/180

894.住み続け・住み継ぎのリフォーム事例耐 震バリアフリー断 熱劣化対策維持管理【M邸】 計画:コンサルティング事務所M(東京都文京区)施工:マルナカ(第1期、神奈川県平塚市)/和田建築(第2期、東京都品川区)●建物の築年:1979(昭和54)年●建物:RC造●延べ面積:64.9㎡●工期:約4ヵ月●リフォーム費用:約370万円リフォームの動機●かねてより設備等に不満を感じていたが、専有部の給水管の更新の提案を事業者から受けたことを契機にリフォームの検討を始めた事業者選定の決め手●水回りについては、高圧洗浄の事業者との継続的な関係を考慮し、設備系の事業者を選定●サッシの性能向上等については、マンションの修繕等を請け負っており、また他の物件でカバー工法の受注経験のある工務店に依頼以前の維持管理状況●以前の持ち主が給湯器の入れ替えを行った●親族が取得した際に、内装の変更や造作家具の設置等を行ったリフォーム概要実現できたこと●実施可能な範囲での給水管の更新●システムキッチン、水栓等の住設の更新●カバー工法によるサッシの性能向上(断熱性、気密性、遮音性)●水回りの更新に伴う洗面所・キッチンの内装の更新●和室の内装更新実現できなかったこと【技術面の理由から】●在来浴室の更新及びすべての給水管の更新【コスト面の理由から】●キッチン、リビングダイニングの間取り変更主な長寿命化リフォーム耐震改修…断熱改修●カバー工法によるサッシ改修●障子の太鼓張りによる断熱性向上バリアフリー改修…劣化対策や維持管理の容易性●給水管の更新(一部)●洗面所、キッチンにおける配管用点検口の設置●工事履歴の管理長寿命化リフォームの評価住環境や住まい手の生活の向上面●断熱性・気密性の向上●システムキッチンも新調され、収納量の増加も含めた使い勝手・居住性が向上●キッチン・寝室(和室)の内装も更新され、住まい手としての愛着は増した長期使用と利活用可能性●専有部分の給水管について概ね更新され、また給排水のルートも確認されたことにより、今後の更新等に有効な履歴情報の蓄積がなされた個人や社会の資産となる価値や流動性の付与●当該マンションは売りに出ても比較的早く新しい買い手がつくなど、市場性は比較的高い●給水管の状況が確認され、また、サッシの性能向上事例ができたことにより、当該建物の市場性は維持・向上が図られると思われる良好な街並み・景観形成への寄与●カバー工法によるサッシ交換を行ったが、外観に大きな影響は与えていないリフォーム概要基本情報

元のページ 

page 95

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です