「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅶ
39/180

332.長寿命化リフォームの技術と手順●建替え等と比べて経済合理性があるか ●資産価値が高まるか●長期にわたり有効活用できるか ●居住者の意向にマッチしているか ●資金面で無理がないか など図2−10 【第1段階】の詳細な進め方実施適否のための内容・コスト検討*景観面での周囲との調和、地域・歴史性への配慮、家族の愛着など、ソフト面も含めて判断課題がある場合は再検討長寿命化リフォームの実施が最適でない場合実施可能な場合【第2段階】長寿命化リフォームの設計・施工、【第3段階】長期利活用計画に基づく維持管理やリフォーム へ長寿命化リフォームを断念(一般リフォーム、建替え、住み替え等)長寿命化リフォーム【仮計画案】の作成●リフォームの動機・目的 ●現状建物への不満や要望 ●今後の暮らし方・建物の活用イメージ ●リフォーム予算の確認 など住まい手へのヒアリング長寿命化リフォーム【全体計画】の策定必要な改修工事および概算費用の確認●設備・内装等の老朽度や満足度 ●間取りや仕様の適応度合い ●居住性の確認 など設備・間取り・居住性等の調査●断熱性能 ●省エネ性能 ●バリアフリー性能 など住宅の長寿命化に必要となる住宅性能の調査●地盤の強度や構造躯体の強度・劣化 ●屋根・外壁からの雨水浸入の有無 など建物構造部の耐久性能・耐震性能の調査必要な改修工事および概算費用の確認必要な改修工事および概算費用の確認●上記「②建物調査」の    を基にした、検討のための仮計画案の作成●住まい手に無理のない実施計画の策定 ●将来の維持管理計画や利活用イメージも記す⑤ ①ヒアリング② 建 物 調 査③ 企 画④ 内容・コスト検討全体計画の策定

元のページ 

page 39

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です