「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅶ
33/180

272.長寿命化リフォームの技術と手順図2ー7 バリアフリー設備のある住宅割合403540.820.716.221.412.4302520151050(%)手すりがあるまたぎやすい高さの浴槽がある廊下などの幅が車いすで通行可能段差のない屋内道路から玄関まで車いすで通行可能資料:総務省統計局「住宅・土地統計調査」 (2013(H25)年)調査結果表2−9 バリアフリーの平面計画5つのポイント❶ 同一フロアで生活ができるように、玄関階がベスト❷ 短く単純な動線計画、回遊しやすいとより便利❸ 水まわりは広めに、安全で事故のない空間に❹ 内外通じて抵抗なく出入りできるように、外にも開かれた住まいに❺ 高齢期になると夜間も多く使用するトイレを寝室に隣接図2ー8 60歳以上の方が優先的にお金を使いたいもの(3つまでの複数回答、上位10項目)010203040(%)健康維持や医療介護のための支出旅行子どもや孫のための支出住宅の新築・増改築・修繕冠婚葬祭費友人等との交際費自動車等( オートバイを含む) の購入・整備家電等の購入自己啓発・学習衣料品の購入出典:内閣府「平成23年度 高齢者の経済生活に関する意識調査」42.8%42.3%38.2%31.7%33.4%29.0%27.3%18.3%16.6%14.9%13.0%12.3%11.4%7.9%11.2%9.3%7.3%6.0%5.5%3.4%上段:平成23年度(n=2,095)下段:平成18年度(n=1,729)住まいに関する投資意欲が急上昇している

元のページ 

page 33

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です