「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅶ
167/180

1612.空き家再生 ビジネス&サービス江戸時代、海上交易と塩田により繁栄した津屋崎地域のにぎわいの様子を、「人家が千軒もあるほどに繁栄している町」だと「津屋崎千軒」と呼ばれました。「暮らしの問屋」の主な業務としては不動産仲介、家のリフォーム・リノベーション、移住相談など。単に家を売ったり貸したりするのでなく、地域をPRし、コミュニティに入る人を呼び寄せる手法をとっています。「暮らしの問屋」WEBページより。顔の見える関係づくりや、家の思い出を継いでいくことなども重要視しています。また移住希望者については、リフォームやリノベーションで良質の住まいを提供するほか、近隣の住人たちと良好なこ関係が気づけるよう、コミュニティ面でのサポートにも努めます。

元のページ 

page 167

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です