「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅶ
163/180

1572.空き家再生 ビジネス&サービス 関係主体の連携状況民家を宅幼老所にリフォームした事例民家を活用したグループホームの例事業提案介護1、2の高齢者をベースとした通所介護サービスと、障がい者の基準該当生活介護及び障がい児の基準該当放課後等デイサービスが一緒になった施設。もともと高齢者二人が住んでいた家で、床も当初からバリアフリー仕様になっていました。トイレは3つ(大便器×2、小便器×1)、浴槽も2つ、もとから設置されていました。なお、開設当初は住宅を賃借していましたが、静養室の増築にあたり、土地・建物を買い取っています。外観。長野県上田市に見られた、民家を活用したグループホームの例(現在はいずれも閉所されています)。・改修の実施・介護保険事業の実施・福祉サービスの提供設計事務所等医療法人社会福祉法人NPO法人空き家等の所有者・空き家等の物件探し・関連する法適合等に関する 事業費の概算・設計・監理施設開設に向けた地域との調整売買・賃貸契約愛着の継承借り上げ、買取等による空き家活用手法の提案住宅から宅幼老所に転用するため、防火対策工事を実施、準耐火構造に(廊下天井裏の防火対策の様子)。地域コミュニティ

元のページ 

page 163

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です