「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅶ
158/180

152[第4章]ストック時代に向けたこれからのリフォームビジネスワンストップで高品質な中古住宅を提供 アートアンドクラフトは建築士事務所と建設業、宅建業を兼務しており、中古物件の紹介からリフォーム設計、施工と自社でワンストップでのサービスが提供可能です。同社の顧客は、中古住宅購入とリノベーションを同時に行う一次取得層が8割を占めるまでになりました。 中古住宅購入+リノベーションの予算としては、同じエリアの新築の8割以内をひとつの目安としています。大阪市内の80㎡の新築物件が約4,000 万円だと仮定した場合、築25年の同規模の中古物件を約2,000万円で取得し、1,000 万円のリノベーションを施し、合計約3,000万円程度での提供を目指します。 施工に際しては、スケルトン状態にまで解体して刷新することを前提とせず、性能に不具合がなければ、下地や機器の再利用も積極的に提案します。部位別に最長2年の保証を付け、引き渡し後の不具合にもアフターサービスの形で対処します。セレクト型で低コスト・業務省力化を実現 実施するリフォームについて、同社では仕上げ材は更新し、使える下地や設備機器等は極力生かすことで、コストダウンを目指しています。 同社では「自由設計リノベーション」に加え、セレクト型リノベーション“TOLA”(マンションのみ)を選択できます。マンションに限ってセレクト型のリノベーションシステムをつくり、打ち合わせや工期の短縮化、コスト軽減に努めています。多くの選択肢を持ちながら、標準仕様で550 万円(税別、55㎡~65㎡未満)と定め、オプションを追加できる「標準+α」の明快な価格体系となっています。 中古物件ならではの価格面での優位性に加えて、リフォームによる「均質化されていない住まい」の提供、そしてワンストップ化による簡便性は、若い世代を中心にユーザーの獲得や広がりを期待できるサービスといえそうです。1-4 1社完結型ワンストップサービス自社でワンストップサービスを提供定額制のマンションリフォームメニューも用意(株)アートアンドクラフト(大阪市西区)● 社内ワンストップ体制でリーズナブルに中古住宅を提供● 目につかない部位は既存の部材も活かしてコストダウン● マンション向けの定額制リフォームメニューを用意リフォームビジネスのポイント

元のページ 

page 158

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です