「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅶ
141/180

1353.空き家のリフォーム・再生事例左右の壁面が入居者のカスタマイズ可能な部位。部屋のアクセントとしてそのままでも使用できますが、ものを掛ける、絵を飾る、棚をつくるなど自由です。ラワン材のマテリアル感を壁材に残した空間。モルタル壁の上に針葉樹の合板をあしらい、ダイナミックな対比を見せます。居室のラワン、キッチンのパーケット(寄木)フローリングは、もともとの床材を残したもの。風合いがあり、活かせる素材はそのまま使用しています。

元のページ 

page 141

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です