「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅶ
131/180

1253.空き家のリフォーム・再生事例耐 震バリアフリー断 熱劣化対策維持管理【なかだいのいえ】 設計:R-Store × BE-FUN DESIGN(東京都渋谷区)施工:栄光建設●建物の築年:不明 ●建物:木造2階建て ●施工面積/延べ面積:66.0㎡(1F 33.24m²、2F 32.76m²) ●工期:約3ヵ月●リフォーム費用:約1200万円リフォームの動機●戸建て住宅を2世帯住宅化し、1階を自己使用、2階を賃貸化するため事業者選定の決め手オーナーが賃貸併用住宅を得意としているビーフンデザインに依頼以前の維持管理状況約2年ほど空き家にしていたリフォーム概要実現できたこと●1,2階の完全分離。各階にトイレ、キッチン、バスルーム等の水回りを個別に設置●1階の違法増築部分は撤去し、ウッドデッキをしつらえた●2階にも軒先部を使ってウッドデッキを配している実現できなかったこと…主な長寿命化リフォーム耐震改修●基礎や構造部の強化(油圧式ジャッキアップ工法で基礎コンクリートを強化)●筋交いの補強など断熱改修●断熱材の付加(屋根は外断熱工法、ガルバリウム仕上げ)などバリアフリー改修● 1階は土間+低床で移動しやすいフロアレベルに劣化対策や維持管理の容易性●ユニットバスを採用して床下点検を容易にしている長寿命化リフォームの評価住環境や住まい手の生活の向上面● 内外装とも一新し、水回りを新設するなど、住まい手の居住性は格段に高いものになっている長期使用と利活用可能性●ほぼスケルトン化して内外装を一新し、長期使用に耐えられる仕様となった個人や社会の資産となる価値や流動性の付与● リノベーションによって空き家を賃貸化でき、収益性が生まれた●投資物件として、オーナーが売却する流動性を備えた良好な街並み・景観形成への寄与● 老朽・陳腐化していた木造住宅が外装も一新し、景観が大きく向上しているリフォーム概要基本情報

元のページ 

page 131

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です