「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅶ
11/180

05長寿命化リフォームが求められる社会背景%602040図1ー4 取り壊された住宅の平均築後年数の 国際比較イギリス日 本 :住宅・土地統計調査(2008、2013年)アメリカ:American Housing Survey(2003、09年)イギリス:Survey of English Housing(2001、07年)90年3060アメリカ日本32.1年66.6年80.6年図1−5 住宅投資に占めるリフォーム投資割合の 国際比較日 本 (2014年):国民経済計算 (内閣府)および(公財)住宅リフォーム・紛争処理支援センターによる推計値イギリス・フランス・ドイツ (2012年):ユーロコンストラクト資料フランスドイツイギリス日本28.5%55.7%73.8%53.0%8040060080010001200万戸1960年以前1961年〜1970年1971年〜1980年1981年〜1990年1991年〜2000年2001年〜2010年2000254.7327.4829.0962.11101.81092.2共同住宅戸建て・長屋建て住宅出典:2013年住宅・土地統計調査(総務省)新耐震基準品確法施行図1−6 中古住宅流通シェアの国際比較(人口100万人あたり)日本('13)戸/人口100万人あたり%1.337.7214.7%83.1%88.0%68.4%100806040122010003.111.985.1915.2914.5611.23アメリカ ('14)イギリス('12)フランス('13)新築住宅着工戸数 *既存住宅流通戸数 *全ストックのうちの既存住宅の流通割合【既存流通/全体(既存+新築)流通】資料:日本(「住宅・土地統計調査(2013年)」「住宅着工統計(2013年)」)アメリカ(Statistical Abstract of the U.S.2014)イギリス(コミュニティ・地方政府省ウェブサイト)フランス(運輸・設備・観光・海洋省ウェブサイト)図1−7 住宅の建設時期別ストック数141820*ともに人口100万人あたりの戸数に換算168642築年

元のページ 

page 11

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です