「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅶ
103/180

974.住み続け・住み継ぎのリフォーム事例【東京都杉並区 西荻窪の家】 企画・事業主:(株)リビタ  設計・監理:(株)スピーク内装メニュー・工事サービス:(株)TOOLBOX(いずれも東京都渋谷区)●建物の築年:1984(昭和59)年●建物:木造2階建て●施工面積/延べ面積:施工面積:85.52㎡/延べ面積:85.52㎡●工期:約4ヵ月●リフォーム費用:非公開●その他:長期優良住宅化リフォーム推進事業を活用し、助成を受けたリフォーム概要実現できたこと●スケルトンリフォームによる設備更新・内装の一新●長期優良住宅化リフォーム(A基準)、リノベーション適合住宅「R5住宅」、フラット35適合●かし保険の付保●販売価格に100万円分の改装費用を付加実現できなかったこと●外壁工事はサッシ交換に伴い必要な範囲のみの塗り替えに留めたため、外壁の通気工法を実現できていない主な長寿命化リフォーム耐震改修●耐震診断に基づく改修計画●基礎・構造柱・耐力壁、梁・金物の追加・補強等による耐久性・耐震性向上断熱改修●断熱工事、サッシ全交換、高効率給湯器による断熱・省エネルギー性能の向上●エネルギーパスによる計画バリアフリー改修●外部ポーチと玄関土間のフロアレベルを揃えた劣化対策や維持管理の容易性●維持管理記録の整備、長期修繕計画案の提案、住宅履歴の蓄積など長寿命化リフォームの評価住環境や住まい手の生活の向上面●断熱性能の抜本的改善、住設機器の更新、無垢の床材の採用等により、住環境や居住性が 向上長期使用と利活用可能性●スケルトンリフォームによって耐久性・耐震性を新築並みにまで性能向上させたため、築30年超ながら、数世代にわたっての長期使用を可能にしている個人や社会の資産となる価値や流動性の付与●長期優良住宅化リフォーム(A基準)およびリノベーション住宅推進協議会の適合リノベーション住宅「R5住宅」基準を取得。その高い品質基準で資産価値の維持および流動性が担保されているといえる●断熱性能の評価証明書「エネルギーパス」も付与されている良好な街並み・景観形成への寄与●カバー工法による屋根の意匠性向上●モルタルの外装を修繕し、建物の美観の向上が図られている●ウッドフェンス施工による視線配慮とデザイン性向上リフォーム概要基本情報改修後図面(販売時点)1階スケルトンリフォームによって耐久性・耐震性を新築並みにまで性能向上させたため、築30年超ながら、数世代にわたっての長期使用を可能にしています。耐 震断 熱劣化対策維持管理2階バリアフリー

元のページ 

page 103

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です