「長寿命化リフォーム」の提案Ⅵ
98/184

92第2章 住まい(居住中・これから住む家)を長寿命化するためのリフォームワンストップと買取再販の両者を扱う 北洲は新築、リフォーム、不動産仲介、賃貸までを取り扱う総合住宅会社。新築注文住宅や建売り販売も手掛けますが、30~40代前半の1次取得層に向けて中古住宅に高品位なリフォームを付与するワンストップサービス「北洲プラスアール」を展開しています。また自社で買い取った中古物件をフルリフォームして再販する買取再販事業も行っています。 リフォームの際に心がけているのは、中古といえども並みの新築住宅より高耐久、高性能であること。それは、購入した若いお客様が再リフォームまたは売却する30~40年後でも、問題なく暮らせる品質を担保するためです。次世代も無理なく使用可能な住宅性能に 買取再販事業においては、駅近、もしくはできる限り交通の便のよい立地にある戸建て住宅を自社で買い取り、いったんスケルトン状態にまで解体した後、基礎や建物構造部を改修して耐久性、耐震性を確保。その後、最新の断熱、省エネ性能やバリアフリー、設備機器を導入します。 住宅仕様は「長期優良住宅化リフォーム」のSまたはA基準に準じた高品位の性能を確保。さらに(一社)リノベーション住宅推進協議会の「適合リノベーション住宅(R5住宅=一戸建て住宅向け)」の適合証明書も取得しています。 こうした高い性能基準を取得するのは、将来の目標性能を現時点できちんと確保するため。耐震性や断熱性能など、2020年に義務化される性能や仕様を獲得することで、将来売却が必要になっても最小限の値落ちで売却でき、あるいは賃貸住宅として転用する場合も高額な賃料で借り手を見つけられると考えてのことです。 再販に関しては、いたずらに価格の安さを売り物にせず、きちんと性能付与を優先させています。3-9 長寿命化リフォーム ビジネスレポート②買い取った戸建て住宅を性能向上リフォームし、再販。スケルトン化して新築同様の性能と空間に(株)北洲(宮城県黒川町)●中古ではワンストップサービスと買取再販の2本立て●スケルトン化したうえでインスペクションを行い、 新築同様の性能を付与●長期優良住宅化リフォームで資産価値の維持にも配慮リフォームビジネスのポイント

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です