「長寿命化リフォーム」の提案Ⅵ
57/184

511.「住み続け」と「住み継ぎ」の視点必要なリフォーム工事を部位ごとに単価を算出し、概算を提示。手書きのプランシートは、PCのプレゼンシートと違った温かみや信頼感が生まれるといいます。けやき建築設計/欅組 性能向上以外でも居住者の要望事項がある中、今後のライフスタイルや住宅に安心して長く暮らしていくために、どのリフォームを行うべきかの優先度の検討は重要です。 本事例は、建物調査を行ったうえで、必要な性能向上リフォームと住まい手の要望をかなえる内装、設備リフォームを洗い出し、個別の見積もり数字を提出しました。住まい手は、予算を吟味しながら実施するリフォームを事業者と一緒に検討し、長期的なリフォーム計画を設定。その際、 「当初のニーズの内容だと費用はいくら、今後に備えてこのような性能向上等を行うとこのくらい上がる」など、工事内容と性能、コストをトータルで提示しながらリフォームの計画・設計等を進めていくことが、住まい手からの信頼感につながっていくとのことです。②全体改修計画を提示し、予算や希望に応じて実施部位や時期を検討オプションを別枠で提示予算の納め方について提示概算を工事部位ごとに提示見積合計

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です