「長寿命化リフォーム」の提案Ⅵ
177/184

1711.「長期優良住宅化リフォーム推進事業」概要対象工事のイメージ申請は可能◆どのような工事が対象になるの?劣化対策や耐震性、省エネ対策など住宅の性能を一定の基準まで向上させる工事が対象となります。また、これらの性能向上工事と一体的に行われる他の工事も、一定の範囲で対象となります。なお、劣化対策と耐震性はリフォーム工事後にA基準を満たしていることが要件となります。S基準A基準劣化対策耐震性省エネ性維持管理既存住宅性能向上工事必須項目(リフォーム後※に必ずA基準に達していること。)※工事の有無は問いません。選択項目(注)戸建住宅の場合その他の性能向上工事(左記の工事費を上限)◆どれくらい補助金が出るの?<対象工事のイメージ>●補助率:1/3●申請は1住戸(共同住宅等共用部分は1棟)に限り、かつ補助限度額100万円※※すべての性能項目でS基準を満たす場合は200万円○・・・・・・・・○・・・・・・・・○・・・・・・・・○・・・・・・・・インスペクション+リフォーム履歴+維持保全計画等劣化対策や耐震性、省エネ対策など住宅の性能を一定の基準まで向上させる工事が対象となります。また、これらの性能向上工事と一体的に行われる他の工事も、一定の範囲で対象となります。なお、劣化対策と耐震性はリフォーム工事後にA基準を満たしていることが要件となります。申請者は施工業者(リフォーム事業者)が行うS基準、A基準とはどのような基準ですか?S基準、A基準とはどのような基準ですか?劣化対策、耐震性、省エネルギー対策、維持管理・更新の容易性等について、長期優良住宅化に資する水準として設定したものです。・S基準:新築の長期優良住宅と概ね同程度の水準(一部代替基準あり)・A基準:S基準には満たないが一定の性能向上が見込まれる水準・S基準:新築の長期優良住宅と概ね同程度の水準(一部代替基準あり)・A基準:S基準には満たないが一定の性能向上が見込まれる水準誰が申し込むのですか?誰が申し込むのですか?リフォーム工事を行う施工業者です。劣化対策(必須)以下について、一定の措置・外壁の軸組等・地盤、基礎、土台、床下・浴室及び脱衣室・小屋裏耐震性(必須)省エネルギー対策以下のいずれか・断熱等級3+開口部断熱・一次エネ等級4+断熱措置・省エネ改修事業相当<A基準の概要(木造住宅の場合)>以下のいずれか・新耐震建築物・耐震診断Iw≧1.0・耐震等級(倒壊等防止)1維持管理・更新専用配管の構造について、以下のいずれか・維持管理対策等級2・同等の代替措置国(事務事業者)施工業者発注者補助発注申請還元どのように申し込めばいいですか?どのように申し込めばいいですか?長期優良住宅化リフォーム推進事業実施支援室のホームページで公表します。・事務局ホームページhttp://www.choki-r-shien.com/h27_tsuunen/・事務局ホームページhttp://www.choki-r-shien.com/h27_tsuunen/誰が申し込むのですか?誰が申し込むのですか?リフォーム工事を行う施工業者です。劣化対策(必須)以下について、一定の措置・外壁の軸組等・地盤、基礎、土台、床下・浴室及び脱衣室・小屋裏耐震性(必須)省エネルギー対策以下のいずれか・断熱等級3+開口部断熱・一次エネ等級4+断熱措置・省エネ改修事業相当<A基準の概要(木造住宅の場合)>以下のいずれか・新耐震建築物・耐震診断Iw≧1.0・耐震等級(倒壊等防止)1維持管理・更新専用配管の構造について、以下のいずれか・維持管理対策等級2・同等の代替措置国(事務事業者)施工業者発注者補助発注申請還元どのように申し込めばいいですか?どのように申し込めばいいですか?長期優良住宅化リフォーム推進事業実施支援室のホームページで公表します。・事務局ホームページhttp://www.choki-r-shien.com/h27_tsuunen/・問合せ先toiawase@choki-r-shien.com・事務局ホームページhttp://www.choki-r-shien.com/h27_tsuunen/・問合せ先toiawase@choki-r-shien.com交付申請完了実績報告・要件適合チェック・申請額・申請額の算出方法・提案内容との適合確認書類等<事業の大まかな流れ>※全てS基準の場合は評価機関による審査が必要です。交付決定・インスペクション・リフォーム・維持保全計画等・完了実績報告書・適合確認書と工事内容の確認・補助金精算工事の実施●申請受付期間は平成27年7月31日〜12月16日です。事業の大まかな流れ(通年申請タイプ)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です