「長寿命化リフォーム」の提案Ⅵ
162/184

156第3章 空き家の利活用と再生のためのリフォーム耐 震バリアフリー断 熱劣化対策維持管理●建物の築年:不詳(50年以上経過)●建物:木造2階建●延べ面積:55.65㎡(1階27.55㎡、2階28.1㎡)●戸数:全2戸●リフォーム費用:830万円基本情報内装は入居者がつくる 通常、賃貸物件は入居者が早期に付くことを期待し、内装や設備更新に費用を割きがちとなりますが、ルーヴィスは住宅の基本性能である耐久・耐震・断熱性能や遮音性能の向上に費用を掛けています。 内装は入居者が自由につくっていけばよいという考え方のもと、事前に申請し、許可した工1階当初、非住宅での使用も想定し、1階は土間敷きとなっています。事については、退去後の原状回復義務を不要とする、いわゆる「DIY賃貸」として貸し出しています。 『恰好はいいけれども、寒いし物音のする物件より、仕上げは無骨でもきちんと住宅性能を確保している物件、どちらが住んで気持ちいいかは自明です。見栄えでなく、本来の住宅性能で選ばれるストックにしていきたいと考えています」(ルーヴィス代表の福井さん)室内は使い方を限定しないワンルーム。限られたスペースの中、キッチン流し、トイレ、シャワールーム等の水回り機器がコンパクトにまとめられています。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です