「長寿命化リフォーム」の提案Ⅵ
157/184

1513.リフォーム事例とビジネスレポート耐 震バリアフリー断 熱劣化対策維持管理【SOU】 設計・施工:ブルースタジオ(東京都中野区)●建物の築年:1975(昭和50)年●建物:軽量鉄骨造2階建てアパート(総戸数6戸)●延べ面積:250㎡●工期:約6ヵ月●リフォーム費用:2,450万円リフォームの動機●相続したアパートが老朽化しており、空き室が多く発生していた●それらの解消とともに、ライフラインやゴミ置き場など生活基盤の整備●地域の古い街並みとの調和、よりよい住環境を目指して事業者選定の決め手事業者が編集した書籍やメディアからの情報によって以前の維持管理状況●外壁塗装を約10年ごとに実施●室内は賃借人退去後に原状回復工事等を実施●下水の詰まり等、問題が起きた時に都度対処リフォームの概要●建物調査のうえ、構造部はそのまま使用可能と判定●現代的な生活にマッチするよう、室内の間取りを変更し、内装や設備を一新●1階には専用庭を新設*現オーナーの親が船大工であり、そうした家族間の歴史や地域特性にマッチしたデザインコーディネートを実施主な長寿命化リフォーム耐震改修…断熱改修浴室回りへの断熱材の充塡バリアフリー改修…劣化対策や維持管理の容易性●屋根の金属板の葺き替え●設備配管の更新●20年間の長期修繕計画の提示長寿命化リフォームの評価住環境や住まい手の生活の向上面●1970年代のプレハブ住宅ならではの風合いを生かしつつ、現代的な生活にフィットした 間取りやデザインを付与した長期使用と利活用可能性●耐久性・耐震性の確認により長期使用が確認できた (事業者は20年以上、オーナーは15年は使用可能と判断)個人や社会の資産となる価値や流動性の付与●リフォームにより12,000円/戸・月の賃料アップが可能となった●周辺相場よりも高めの賃料が設定できている良好な街並み・景観形成への寄与●外装の腰壁等に木材を多用することで、地域の街並みに溶け込む外観デザインとなっているリフォーム概要基本情報

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です