「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅴ
97/194

91「住み続ける」ための長寿命化リフォーム事例〔事例4〕軽量鉄骨2階建てアパートの一棟まるごと再生リフォームリフォーム工事の概要工期2010(平成22)年10月~2011(平成23)年2月面積施工面積:250㎡/延べ面積:250㎡工事期間中の仮住まいの利用有無(入居者)利用した仮住まい先 ▶ 入居者の職場近くのアパート※仮住まい期間中の問題点等:リノベーション前の賃料より、借り入れ先アパートの賃料が高くなった。実現できたこと・空室率の低減。・下水道、水道、電気、ガス、ゴミ置き場など、生活基盤の整備。・慰霊、地域の古い街並みとの調和、より良い環境になるよう配慮。実現できなかったこと▶コスト面の理由から・オートロック・1室の床の傾斜・浴室に小さな窓▶技術面の理由から・1室の床の傾斜・浴室に小さな窓リフォーム工事費用2,450万円<内訳>-リフォームの種類実施有無採用した技術・工法達成した性能レベル耐震改修×--断熱改修●浴室まわりへの断熱材の充填省エネルギー対策等級4相当バリアフリー改修×--劣化対策や維持管理の容易性●屋根の金属板の葺き替え設備配管の更新、断熱改修-次にリフォームをする場合にやりたいこと、実現したいことお金をかけずに、質の高い、従前と同じ家賃4万5千円くらいの共同住宅として提供できるとよいのかもしれない。耐 震バリアフリー断 熱劣化対策維持管理

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です