「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅴ
76/194

70第2章 リフォーム形態別による事例紹介〔事例6〕身体障害者の介助・キッチンの使い勝手改善リフォーム◎RC造壁式工法3階建て共同住宅の1階において、重度身体障害者の娘の介助のしやすさ、家族のキッチン使い勝手の改善を行った。◎バリアフリー改修については東京都重度身体障害者(児)住宅設備改善費給付事業を、窓の断熱改修には住宅エコポイントの利用を提案し、補助を受けた。<1982年築共同住宅/2010年施工/リフォーム費用:480万円>〈施工前〉〈施工後〉便器が大きいために、使用しづらく、介助スペースがない。内開き戸のため、浴室内の介助スペースが狭い。キッチンとダイニングが袖壁で仕切られている。タンクレストイレへの交換…便器前の介助スペースを確保し、手洗い器は奥に。背もたれを付け手すりを交換。内開き戸を折れ戸に交換…洗い場のスペースが広くなり、介助が容易になった。洗面室手すりも交換した。袖壁を取り、動線を改善+キッチンを刷新 2-1住み続け

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です