「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅴ
75/194

69「住み続ける」ための長寿命化リフォーム事例〔事例5〕病気に伴い暮らしやすさを追求したリフォームリフォーム工事の概要工期2012(平成24)年8月~10月面積施工面積:18.1㎡/延べ面積:98.7㎡工事期間中の仮住まいの利用有無利用しなかった理由 ▷ 現場施工の日数は少なかったため。実現できたこと安心して、かつ、暖かく住みやすくしたかった。(ウッドデッキの敷設、ガラスの交換)実現できなかったこと▶コスト面の理由から特にない。▶技術面の理由から今回、断熱化はドイツ製のものに限った。日本製のサッシについては、サッシ交換かカバー工法等による対応が必要となる。前者については、管理組合との協議が必要となり、後者については、ガラスの有効面積が小さくなることから、今回は全てのサッシの断熱化を図ることは断念した。リフォーム工事費用150万円<内訳>設計料:10万円工事費:140万円   (バリアフリー化(ウッドデッキ):80万円断熱性向上(ガラス交換):60万円)リフォームの種類実施有無採用した技術・工法達成した性能レベル耐震改修×--断熱改修●開口部のガラス交換(6mmのシングルガラス   ⇒12mmの複層ガラス)-バリアフリー改修●バルコニーにおけるウッドデッキの敷設-劣化対策や維持管理の容易性×--次にリフォームをする場合にやりたいこと、実現したいこと・内装のやりかえ・キッチンの入替え(2~3人が同時に立てるようなキッチンに)・間取りの変更(北側にある夫婦寝室を南の旧子供部屋に移動するための間取りの変更)耐 震バリアフリー断 熱劣化対策維持管理

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です