「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅴ
57/194

51「住み続ける」ための長寿命化リフォーム事例東京都江東区K邸/(株)マルハウジングサービス          (株)丸山工務店<工務店>建物概要1970(昭和45)年築/戸建て住宅/持ち家/木造以前の維持管理状況30年前に外壁塗装、2~3年前に屋根の葺き替え工事を実施したほか、日常的な維持管理は特に行ってこなかった。リフォームのきっかけ(動機)次男が結婚し2世帯同居となるため、以前から気になっていた耐震性能の向上とすきま風の防止を目的としてリフォームを行おうと考えるようになった。日常生活上、住宅の傾きを感じることもあった。(調査の結果、7cm/450cmの傾斜を確認)検討・情報収集等の期間2~3ヶ月程度事業者選定の決め手ポスティングされた新聞(季刊リフォーム「造・快・築」)を見て電話し、相談してみたところ、助成金を受けられるという情報を聞き、事業者を決めた。何よりも、事業者が仮住まいを用意してくれていたことが決め手になった。事業者の説明でわかりやすかった点説明が非常にわかりやすく、リフォーム工事の内容がイメージしやすかった。土地・住宅が小さく、収納が十分にとれていなかったため、小屋裏への収納スペースを提案してくれたことがありがたかった。事業者の説明でわかりにくかった点特にない。リフォームの評価(施主)断熱性能が飛躍的に向上し、冬季は非常に暖かくなった。夏季の2階の暑さもだいぶ解消された。リフォーム工事によって、快適に暮らせるようになったと感じており、東日本大震災等の地震時にも以前に比べて揺れが軽減された。構造上、既存柱を残さなければいけない箇所があるが、既存柱を活かした計画にできればよかったと感じている。    施主    事業者<工務店>満足度とても満足したとても満足したリフォーム実施による今後の耐用年数20~30年30年(計画リフォーム込)リフォーム実施による資産価値の向上額2,500万円 ※土地価格込み1,300万円(0→1,300万円) ※土地価格除く事業者に対する評価工事後も定期的に点検に来てくれるなどサービスが行き届いているところを評価している。わざわざ事業者には言えないと思うようなことも、定期点検に来てくれると言いやすい。耐 震バリアフリー断 熱劣化対策維持管理

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です