「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅴ
51/194

45中古住宅流通とリフォーム図3-6 「フラット35 リフォームパック」の概要<例1> 中古住宅の購入価額2,000万円、リフォーム工事費500万円※【フラット35】の融資限度額が9割の場合で、「中古住宅特例融資」を利用するケース(【フラット35】Sエコに該当しない場合)【フラット35】リフォームパックを利用すると、融資金額は合わせて最大2,500万円となります。「中古住宅特例融資」による融資限度額の引上げ効果 購入価額2,000万円<2,250万円=(2,000万円+500万円)×90% → 融資限度額は2,000万円<例2> 中古住宅の購入価額2,000万円、リフォーム工事費200万円※【フラット35】の融資限度額が9割の場合で、「中古住宅特例融資」を利用するケース(【フラット35】Sエコに該当しない場合)【フラット35】リフォームパックを利用すると、融資金額は合わせて最大2,200万円となります。「中古住宅特例融資」による融資限度額の引上げ効果 購入価額2,000万円>1,980万円=(2,000万円+200万円)×90% → 融資限度額は1,980万円資料:住宅金融支援機構ホームページ ※中古住宅・リフォームトータルプラン検討会のために日経BP社が実施(補助事業により公募・実施)※入居前にリフォームを行った者445名のリフォーム資金の額と資金内訳に関するアンケート結果 n=2,078 2,000 500 352,000 35500 2,000 200 351,980 35220 図3-5 リフォーム資金としてローンを利用している割合●「りそなあんしんリフォームローン」(株)りそな銀行 (株)りそな銀行では、リフォーム瑕疵保険に加入する場合に、リフォームローンの金利が優遇され、無担保で最高500万円まで利用可能なリフォーム瑕疵保険専用ローン「りそなあんしんリフォームローン」を提供しています。●「JACCSリフォームローン       リビングプラン(残債型)」(株)ジャックス (株)ジャックスでは、中古住宅購入に伴う入居前のリフォームを対象とした固定型低金利の「ストックリフォームローン」という商品を提供しています。不動産登記前にリフォーム審査を行うため、安心してリフォームの相談をすることができます。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です