「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅴ
49/194

43中古住宅流通とリフォーム図3-4 「中古住宅+リフォーム」の不安に対応したサービス・環境整備のあり方表3-1 中古住宅流通とリフォームの連携モデル モデル名概要1買い取り・リフォーム・再販モデル事業者が中古住宅を買い取り、リフォームして完成品を販売する、最もわかりやすいモデル。2「仲介+リフォーム」一体提供モデル特定の住宅取得者の希望の中古住宅探しをサポートしたうえで、住宅取得者の希望に応じたリフォームを提供するモデル。3「仲介+リフォーム」+「ローン・減税支援」モデル2の変形。特定の住宅取得者の希望に応じたリフォームを実現しながら、資金調達や住宅ローン減税の利用にも対応。4売り主支援モデル住宅の売却希望者にリフォームを提案し、円滑な売却をサポートするモデル。売り主が適切なリフォームを実施した後に中古流通に乗せる。「中古住宅+リフォーム」にまつわる不安① “見た目”や“リフォーム後のイメージのしにくさ”にまつわる不安 ・見た目がきれいでなく、購入意欲が減退する ・どのようなリフォームが可能かわからない、リフォーム後のイメージが持てない② 費用、ローン等お金にまつわる不安 ・中古物件の「適正価格」がわからない ・物件購入時にリフォーム費用が予測できない/確定できない ・リフォームローンが借りにくい、金利・金額等の条件が厳しい③ 住宅性能や不具合など、品質・性能にまつわる不安 ・設計図書や修繕履歴等の資料が不足している ・設備の耐久性や老朽化の度合い等、現況の基本性能がわからない ・物件購入時には見えない不具合がわからない ・適正なリフォームの基準がわからない ・リフォーム後の保証に不安がある④ リフォームに際してノウハウ上の不安 ・リフォームの全体の流れ、必要な作業がわからない ・相談するところがない(仲介業者は相談に乗ってくれない)⑤ 住めるまでに時間がかかる、手間がかかるなどの不安 ・購入後、すぐに住めない。リフォームにかかる時間が読めない ・リフォーム工事中は、住まいの家賃と住宅ローンが同時に発生する ・さまざまな要素が絡み、個人での対応が大変求められるサービス不動産仲介業務物件紹介/価格査定/不動産取引(売買・仲介)リフォーム業務リフォーム提案/概算費用提示/施工/アフターサービス/保証市場環境の整備ローンの充実 性能表示/統一基準 既存住宅保証/瑕疵担保保険価格査定の標準化 税制優遇/補助金 住宅履歴管理民間事業者による各サービスをパッケージ化して一体的に提供するモデルの確立公的主体による中古住宅市場の整備のための包括的な枠組み・制度の構築

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です