「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅴ
170/194

164第3章 リフォームビジネスの新たな取り組み賃貸住宅も入居者本位のリフォームで空室率を低減できるケース⑭ メゾン青樹 東京都豊島区の賃貸マンション「ロイヤルアネックス」は、入居者が1万種類以上の中から壁紙をチョイスできるサービスを打ち出すことで、最大30%近い空室率に悩む不人気物件から空き待ちの人気物件へと変貌しました。 壁紙は部屋の印象を手軽に一変でき、また原状回復で必ず替える部位。入居者の好みが空間に反映されるため、愛着を持って長く大切に住んでもらえます。デザイン性の高い輸入壁紙を多く用意していますが、標準的なクロス壁紙と300円/㎡程度の差のため、空室期間が短縮できればすぐに元が取れます。 次いで実施したのが、入居者の意向をもとに室内をフルリノベーションする「オーダーメイド賃貸」。建築デザイナー、坂田夏水氏を起用した本格的なサービスで、入居者はリノベーションのプランニングから設備機器のチョイス、タイルや壁紙等の内装材選びまで関わります。入居者は「賃貸なのに理想の間取りやコーディネートができる」「持ち家みたいな体験ができる」と、カスタマイズのプロセスを楽しみ、長く大事に住んでくれます。ほかにも事前にリノベーションを済ませた物件「レディメイド賃貸」や、3LDKの部屋をシェアハウス化するなど、リフォームで空間の魅力付けを行っています。 持ち家以上に空き家率が高いのが賃貸住宅。近隣物件と較べて競争力が落ち、空室の多くなった物件こそ、リフォームの力による差別化や競争力回復のためのアイデアが求められています。壁紙張り替えサービスの施工例(柄は入居者が選択)column「オーダーメイド賃貸」の施工例入居者が間取りから内装、設備までデザイナーと一緒になって空間をつくれる「オーダーメイド賃貸」。改修費用は新家賃の36ヶ月分を上限とし、オーナーが全額負担しています。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です