「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅴ
169/194

長寿命化リフォーム推進のための注目のビジネスモデル163ワンコインサービスで住まいの悩みをうかがい、住まい手から信頼される相談相手をめざすケース⑬ 兵庫県建設労働組合連合会(神戸市) 県内5つの建設労働組合の連合体である兵庫県建設労働組合連合会は、2011年より「住まいのワンコイン点検サービス」を開始。その目的は、大工等の職人や中小事業者が大手の下請けから脱却し、ユーザーからリフォーム工事を直接受注できる「元請け」としての体力強化にあります。 連合会が作成したちらしデータを、組合員が自社のPCで店名を入力(写真の赤い破線の枠内)し、プリンタ等で出力。これを営業ツールとして直接配布したり、エリア内にポストインします。 料金をワンコイン(500円)に設定しているのは、無料だと悪徳リフォームの勧誘と混同されかねないこと、少額でも代金をいただくことで真剣に相談の場にしたいため。現在120社(人)の事業者や職人が本サービスを行い、営業活動に励んでいます。サービス活動の流れちらし見本(実際はA4サイズ)ちらしの名入れ印刷(ひな形は連合会で作成)ちらしの配布・投函(手渡し、投函、新聞折り込み等)お客様からの点検依頼お客様宅での相談・点検・アドバイス(500円)工事・リフォーム(有償)顧客リストの作成と以後の定期訪問永続顧客化

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です