「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅴ
167/194

長寿命化リフォーム推進のための注目のビジネスモデル161地域ビルダーやリフォーム事業者も活用したい「マイホーム借上げ制度」ケース⑫ 一般社団法人 移住・住みかえ支援機構 移住・住みかえ支援機構(JTI)は、移住や住み替え希望者に対して情報提供やカウンセリングを行うほか、持ち家の貸借、転貸をサポート。全国の地方公共団体や民間企業から情報を収集し、ウェブサイト等を通じて中立な立場で情報提供、地方のUターン、Iターン、Jターン等移住希望者を推進し、地域の空き家の利活用を進めています。 「マイホーム借上げ制度」は50歳以上のシニアを対象に、現在使っていないマイホームを最長で終身にわたって借上げ、子育て世代のファミリー等に定期借家で転貸するシステム。対象となる住宅は一定条件があり、とりわけ耐震性を重視しています。 登録に際してはJTIが指定する審査機関の建物診断を受診し、一定の性能を満たしているかをチェック。不足する性能については、JTIの指定業者による性能向上リフォームを実施することで登録が可能になります。 地方の戸建て住宅など、相続はしても住み手のいない実家などが社会問題化しています。当面使う予定のないストックを空き家にしないためにも、地域のビルダーやリフォーム事業者も、こうした制度を積極的に活用したいものです。契約までの流れ(パンフレットより)column

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です