「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅴ
159/194

長寿命化リフォーム推進のための注目のビジネスモデル153不動産部門とリフォーム事業を統合、ワンストップで中古住宅+リノベーションを提供ケース⑤ ベツダイ(大分県大分市)中古住宅購入+リノベーションの流れ ベツダイは新築、中古からリフォーム、賃貸にいたるまで、住宅産業をトータルにサポートするゼネコン/不動産会社。当初は仲介/リノベーションと分離していた事業部でしたが、事業を横断するワンストップ体制を社内に構築。これにより、物件探しから資金相談、リフォームなどの全ての工程において、1名の営業マンでお客様に対応可能となりました。 中古住宅購入+リフォームに際しては、お客様の自己資金や返済希望額をもとに、まずトータルで捻出できる総予算を確認。次いでリノベーション費用の概算を算出し、そこから引き算する形で中古物件の予算を導き出します。「通常はまず物件を選び、物件状態や間取り等からリノベーション費用を算出することが多いでしょうが、最終予算が変動するため、検討に時間がかかってしまいます」と語るのは、同社の山崎茂副社長。 このシステムを支えているのが、同社の定額制リフォームシステム「RE住むリノベーション」。費用が床面積に応じた一定額のため、建物にかけられる予算をスピーディに算出可能。豊富なセレクトアイテムに加えて、アフターサービスや保証などの安心もパッケージされています。 戸建て住宅のリノベーション例リフォーム前検討項目ポイント備考総予算の確認自己資金、年間支払可能額等の情報をもとに、総予算(上限金額)を確認する会員登録することで、ユーザー自身がWEB上でチェックやシミュレーションが可能予算の設定希望の広さを元に、リフォーム費用の概算を算出(総額からリフォーム費用を引き算することで)中古住宅の取得金額を算出物件探し上記で示された予算内で収まる物件をチェックチェックした物件を担当者に連絡、担当者はユーザーに物件状態や返済計画内容等についてアドバイス(上記までユーザー自身が行うことで)この段階からの依頼も可能内見必要に応じて建物診断も実施(目視中心の簡易診断)契約建物(中古住宅)の契約詳細工事内容が決まる前だが、物件が流れてしまわないよう、まず建物を押さえてしまうローン申込中古住宅+リフォーム費用を一体ローンとして申し込むリノベーションリノベーション内容の確定改めての検査を実施した後、具体的なリノベーション内容やオプション等を確定させていくリノベーション工事工事内容を確定させた後にリノベーションに入る引き渡し引き渡し最終点検後、購入者に引き渡す保証引き渡し後の点検やアフターサービスの実施2年間は無償、以後は有償でのメンテナンスを実施

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です