「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅴ
156/194

150第3章 リフォームビジネスの新たな取り組み一般住宅は性能向上+快適性を付与、古民家は新旧の融合による価値向上を提供ケース② ラボット 八光建設(福島県郡山市)戸建て住宅のリフォーム例 「ラボット」は八光建設の新築・リフォームを含めた住宅系ブランドの総称。リフォームでは提案型リノベーション「再家(さいえ)」と古民家再生の「古家(いにしえ)」を展開しています。 「再家」では特に耐久性・耐震性、断熱・気密性の性能向上リフォームに力を入れています。冬場に雪の降る地域だけに、住まい手の外壁や屋根のメンテナンス意識は比較的高いとのこと。断熱については基本的には内断熱で対応し、床下や天井にも断熱材を充塡して室内全体を包みます。対して 「古家」は、趣のあるものの古くて住みにくくなった古民家を、雰囲気を壊すことなく現代の暮らしに合った快適な住まいに生まれ変わらせます。湿気の多い土地柄のため、既存の柱はあまり再利用できず、構造部は梁の再利用が中心になるとのこと。古材バンク等も活用して古い建材を調達します。 両ブランドとも、国産材や地場材の無垢材にこだわっています。内外装はもちろん、キッチンやバスルームといった設備機器にも極力木材を採用し、温かみや心地よさを付加しています。古民家の再生例蔵のコンバージョン例(カフェに転用)システムキッチンを木で造作したり、ハーフパンユニットと天然木を組み合わせて在来風バスルームにするなど、設備にも工夫を凝らしています。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です