「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅴ
135/194

129「住み継ぐ」ための長寿命化リフォーム事例東京都武蔵野市E邸/(株)エキップ <設計事務所>建物概要1979(昭和54)年築/共同住宅/持ち家/鉄筋コンクリート造以前の維持管理状況-リフォームのきっかけ(動機)居住していた賃貸住宅の更新時期が迫り、持ち家の購入を検討することになった。不動産業者には、子育て世帯の入居割合や修繕積立金の金額、長期修繕計画の有無等を確認しながら物件探しを進めた。購入した物件は、立地・環境が希望に沿っており、気密性・風通しがよいこと等が気に入った。他の物件に比べて管理状態がよく、最近、子育て世帯への入れ替えが起こっていることも物件を決めたひとつの要因となった。購入できる価格帯の物件は水まわりをいじらざるを得ない状態の物件が多く、もともとインテリアデザインに興味をもっていたこともあり、中古マンションを購入してリフォームしてみようと思うようになった。検討・情報収集等の期間3ヶ月程度事業者選定の決め手金額が折り合ったこともあるが、当方の意図を汲み取ってくれる感覚に共感できたことが大きい。事業者の説明でわかりやすかった点リフォーム工事の流れがシンプルで、スムーズに進めることができた。ある程度リフォーム工事のイメージが明確だったこともあるかもしれないが、やはり知識が乏しいこともあり、特に設備に関する説明がわかりやすかった。事業者の説明でわかりにくかった点特にない。リフォームの評価(施主)キッチンとリビングの間仕切り壁を取り除くことにより、圧迫感の低減と回遊性の向上が実現できた。キッチンのカウンターは使い勝手がよく、知人にも人気があり、非常に気に入ったインテリアを実現できたと思っている。一方、洗濯機置き場の床が高く、身長が低い女性にとっては使いにくい。リフォーム工事に対する所得控除などの優遇策があるとよい。    施主    事業者<設計事務所>満足度とても満足したとても満足したリフォーム実施による今後の耐用年数50年-リフォーム実施による資産価値の向上額500万円(3,000→3,500万円) 200万円(3,000→3,200万円) 事業者に対する評価当方の意図を理解してくれたので非常に評価している。設計依頼から入居希望時期までの期間が短い中で、非常にていねいに対応してくれたこともよかった。劣化対策維持管理

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です