「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅴ
127/194

121「住み継ぐ」ための長寿命化リフォーム事例東京都文京区I邸/(株)のみぞ計画室 <設計事務所>建物概要1986(昭和61)年築/共同住宅/持ち家/鉄骨鉄筋コンクリート造以前の維持管理状況-リフォームのきっかけ(動機)中古住宅を購入してリフォームし、自分の思い通りの空間に住みたかった。検討・情報収集等の期間5.5ヶ月程度事業者選定の決め手建築士の知人がいたため、中古物件探しから相談に乗ってもらっており、その流れでリフォーム工事の設計・監理を依頼することにした。施工業者については、2社から見積をとり、見積額の安い施工業者を選定した。事業者選定は、すべて設計者に任せていた。事業者の説明でわかりやすかった点実物の建材等を直接見るため、ショールームや建材店を案内してくれたこと。住戸内をフラットにするためには、トイレの位置をパイプスペースのそばに置かなければいけないとの説明が非常にわかりやすかった。事業者の説明でわかりにくかった点物件購入に関することや、不動産業者・設計業者・施工業者の関係・役割・責任が理解しにくかった。リフォームの評価(施主)全体的に満足しており、設計には非常に満足している。特注のキッチンを入れたのだが、シンク形状から水が流れにくい、設計者の提案でハロゲンランプを入れたが、電気代が異常に高かった(現在はLEDランプに交換)、無垢のフローリング材(ジャワカリン)の収縮が大きく、生じた間にゴミがたまりやすいなどの不満は残る。    施主    事業者<設計事務所>満足度とても満足したとても満足したリフォーム実施による今後の耐用年数わからないわからないリフォーム実施による資産価値の向上額わからないわからない事業者に対する評価設計には非常に満足している。バリアフリー劣化対策維持管理

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です