「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅴ
119/194

113「住み継ぐ」ための長寿命化リフォーム事例〔事例5〕長屋形式の隣戸を購入+一体化・減築リフォームリフォーム工事の概要工期2010(平成22)年12月~2011(平成23)年3月面積施工面積:58.79㎡/延べ面積:58.79㎡(72.31㎡から減築)工事期間中の仮住まいの利用有無利用した仮住まい先 ▶ 事業者が用意した仮住まい住戸に約4ヶ月居住した。実現できたこと隣戸の購入にあわせて、傷んでいるところを含めて新しい住宅にしたかった。実現できなかったこと▶コスト面の理由から従来と同じ総2階建てにしたかった。2階にトイレを設けたかった。▶技術面の理由から既存柱が取り除けず、居室の中に柱が残ってしまった。リフォーム工事費用920万円(うち110万円は助成金)<内訳>仮設・解体:80万円躯体:110万円外部仕上:100万円内部仕上:330万円電気設備:55万円給排水給湯設備:35万円諸経費:40万円リフォームの種類実施有無採用した技術・工法達成した性能レベル耐震改修●耐圧コンクリート+アンカーボルトによる耐震補強-断熱改修●壁・屋根の断熱性能向上省エネルギー対策等級3相当バリアフリー改修●床の段差解消、手すり設置高齢者等配慮対策等級3相当劣化対策や維持管理の容易性●さや管ヘッダー方式の採用、点検口の設置-次にリフォームをする場合にやりたいこと、実現したいこと外壁の塗り替えを行いたいが、足場を組んでの工事になるため、費用が高くなることが心配。ただ、信頼できる事業者であるため、きちんと対価を支払って仕事をやってもらおうと考えている。できれば、2階にトイレを設置したい。耐 震バリアフリー断 熱劣化対策維持管理

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です