「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅴ
109/194

103「住み継ぐ」ための長寿命化リフォーム事例埼玉県さいたま市T邸/(株)榊住建 <工務店>建物概要1994(平成6)年築/戸建て住宅/持ち家/木造以前の維持管理状況新築時の施工業者による年1回の住まい管理(家検サービス)により、定期的な点検・補修が行われており、すべての住宅履歴が残っていた。買主(リフォーム工事の施主)は、築18年の家には見えないほどしっかりしているとの印象を持った。リフォームのきっかけ(動機)賃貸住宅が狭く感じられるようになり、住み慣れたエリア(子どもの学区内)で戸建て持ち家を取得したいと考えていた。資金状況を考えると新築住宅は難しいと考え中古住宅も視野に入れながら物件探しを進めた。居住者が大切に使われている中古物件がみつかり、それを購入し、最低限のリフォーム(水まわりの改修)を行うことを決断した。検討・情報収集等の期間6ヶ月程度(物件購入を決めると同時に、リフォームの必要があるかどうかを事業者に相談し、居住中のオーナーが引っ越すまでの間にリフォーム工事の内容を固めていった。)事業者選定の決め手前居住者(売主)が住み替えのため新築時の施工業者に新しい住宅の相談を行っていた。その住宅は建設中であったため当該物件には売主が居住中であったが、住宅を内見することができ、この家で自分たちがどのように暮らしていくかの予測がついた。売主と施工業者の信頼関係を感じ取ることができ、新築時からの図面や住宅履歴が残っているなど安心感を得ることができたため、この施工業者にリフォームを依頼した。また、引き続きこの家の住まい管理を行ってくれるという点も大きかった。事業者の説明でわかりやすかった点住宅を内見させてもらい、購入の決断をする前に売主と直接話ができたこと。設備の選定の際にはショールームに同行し、アドバイスをしてくれたこと。新築工事を請け負った事業者であったため、当該住宅のことを熟知しており、住宅の状態にあわせて新築時の事業者ならではのアドバイスとともに、メリット・デメリットを説明してくれたこと。事業者の説明でわかりにくかった点特にない。リフォームの評価(施主)床や壁などの元々の木の内装は汚れにくく、また汚れが落ちやすいことから、想像していた以上に掃除が楽であるという印象を受けている。特に不満はないが、洗った食器を置く場所を考えずに(施工業者からはアドバイスを受けていた)、システムキッチンを選んでしまったことを少し後悔している。    施主    事業者<工務店>満足度とても満足したとても満足したリフォーム実施による今後の耐用年数20~30年(水まわり)30年リフォーム実施による資産価値の向上額500万円(2,500→3,000万円) ※土地価格込み1,000万円事業者に対する評価新築時から当該住宅のことを見続けている事業者であったため、安心してリフォーム工事に臨めた。前居住者の引っ越し先である新築工事の担当者と同じ方がリフォーム工事の担当者であったため、前居住者との連絡がスムーズに行えた。リフォーム工事後も、前居住者から事業者との良好な関係を引き継げたため、すぐ連絡できるとの安心感がある。また、実際に故障や不具合が生じた際には、すぐに対応してくれることも評価できる。バリアフリー断 熱

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です