「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅳ 【リフォーム事例のご紹介】
86/196

第2章 リフォーム事例のご紹介 80 住まい手への調査事項 ① なぜリフォームをしようと思ったのか ・子供が独立して夫婦だけなので、2人で住みやすい間取りに変えたい。 ・冬でも温かく、地震がきても心配のない家にしたかった。 ② リフォームの検討を始めてから、実際にリフォーム会社に問合せを行うまでに、どのような下準備を行ったか、またその期間はどのくらいか ・3~4年、同社の新築、リフォームの見学会に参加した。 ③ 新築・建替えを含めて検討したか否か、(検討した場合は)なぜリフォームを選択したのか ・検討したが、子供たちも自分の家を持ち、この家を継ぐことはないと思うので、リフォームをして自分たちの代が快適に住めれば良いと考えている。 ④ 今回工事した家は、将来的にあと何十年(何年)くらい維持したいと思っているか(家族・親類などにも引き継いでいきたいと考えているのか、あるいは売却しようと思っているかなども含めて) ・自分たちはこの家を終の住まいにする。その先は子供たちが処分するなり考えれば良い。 ⑤ どのようにしてリフォーム事業者を探したか ・近所で新築の現場見学会をやっていた。 ⑥ 相見積りはとったか、とった場合は何社に声をかけたか ・とらなかった。 ⑦ そのリフォーム事業者に決めた理由は何か ・数年に渡って現場見学会に参加しており、信頼できた。 ⑧ リフォーム事業者からの説明でわかりやすかった点 ・どんな材料を使うかをサンプルで細かく説明してくれた。 ⑨ リフォーム事業者からの説明で理解しにくかった、わかりにくかった点 ・特にない。 ⑩ リフォームにあたっての資金調達方法 ・自己資金で対応した。 ⑪ リフォームにあたって仮住まいを利用したか否か、利用した場合の不都合などの体験談 ・利用した。古いアパートだったので寒かった。 ⑫ リフォームをして良かったと思うこと、特に要望・希望を実現できたことや、期待を上回ったと感じていること ・1階の間取りを大きく変え、LDKを南側に配置したので、明るく開放的になった。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です