「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅳ 【リフォーム事例のご紹介】
72/196

第2章 リフォーム事例のご紹介 66 住まい手への調査事項 ① なぜリフォームをしようと思ったのか、リフォームのきっかけ ・東日本大震災を経験して、自宅の耐震性に不安を抱き、耐震改修を検討し始めた。 ② リフォームの検討を始めてから、実際にリフォーム会社に問合せを行うまでに、どのような下準備を行ったか、またその期間はどのくらいか ・半年ほど自分なりに調べた。 ③ 新築・建替えを含めて検討したか否か、(検討した場合は)なぜリフォームを選択したのか ・検討しなかった。 ④ 今回工事した家は、将来的にあと何十年(何年)くらい維持したいと思っているか(家族・親類などにも引き継いでいきたいと考えているのか、あるいは売却しようと思っているかなども含めて) ・自分たちの代までは住む(あと20~30年)。 ・その先は特に考えていない。 ⑤ どのようにしてリフォーム事業者を探したか ・娘の夫の知人で、横浜市の耐震設計・施工業者としても登録しているT社に相談をした。 ⑥ 相見積りはとったか、とった場合は何社に声をかけたか ・取っていない。 ⑦ そのリフォーム事業者に決めた理由は何か ・横浜市の耐震設計・施工業者としても登録していることと、二代に渡って地元で工務店を営んでいる業者であり、信頼できたため。 ⑧ リフォーム事業者からの説明でわかりやすかった点 ・どのように耐震補強を行うか、過去の施工事例を見せながら説明してくれた。 ⑨ リフォーム事業者からの説明で理解しにくかった、わかりにくかった点 ・特にない。 ⑩ リフォームにあたっての資金調達方法 ・自己資金で対応した。 ⑪ リフォームにあたって仮住まいを利用したか否か、利用した場合の不都合などの体験談 ・仮住まいは利用しなかった。 ⑫ リフォームをして良かったと思うこと、特に要望・希望を実現できたことや、期待を上回ったと感じていること ・車が通ったときの揺れ方が違う。安心して暮らせる住まいになったと感じている。 ・設備や内装・外装も一新してきれいになり、これから老後を過ごすにあたり、リフォームして良かったと満足している。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です