「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅳ 【リフォーム事例のご紹介】
58/196

第2章 リフォーム事例のご紹介 52 事業者への調査事項 ① 住まい手からのご要望、ご不満 ・全体的に老朽化している。 ・キッチンが暗く、窓の前に冷蔵庫を置いているので、何とかしたい。 ・玄関に収納がない。 ・建てつけの悪さ、がたつきが気になる。階段もギシギシ音がする。 ・壁が板張りのため、全体的に暗い。 ・浴室はこれまで3回改修したが、間取りを変えていないので、狭い。 ・洗面室も狭くて使いにくく、トイレは洗面室を通らないと入れないので、だれかが風呂に入っているときに困ってしまう。 ② ①に対して実現できたこと、実現できなかったこと、苦労したこと <実現できたこと> ・外壁は比較的きれいな状態だったので既存のまま残し、耐震性や住環境の改善を中心に計画した。 ・1階の茶の間と居間の位置を入れ替え、台所と居間をつなげることで、広々と明るいLDKにした。 ・水まわりのレイアウトを変更し、トイレに廊下から直接入れるように動線を変え、洗面室と浴室(0.75坪→1坪)を広く確保した。 ・劣化対策や耐震補強を行い、住まい手が気にしていた建てつけの悪さやガタガタ、ギシギシする音を解消できた。 <実現できなかったこと> ・予算の都合で、サッシを全部取り替えることができなかった。 <苦労したこと> ・既存の土壁を残して、耐震と断熱を補強する方法の検討を重ねた。 ・2階の増築や地盤沈下の影響か、床が傾いていたので、レベルの微調整に苦労した。 ③ 住まい手からのご要望以外に事業者側から主体的に提案したこと ・1階の茶の間と居間の位置を入れ替え、台所と居間をつなげることで、広々と明るいLDKにした。 ・水まわりのレイアウトを変更し、トイレに廊下から直接入れるように動線を変え、洗面室と浴室(0.75坪→1坪)を広く確保した。 ・予算内で効果的に開口部の断熱性能を上げるため、1階の東西のサッシはアルミ樹脂複合の遮熱Low-Eペアガラス、南北は断熱Low-Eペアガラス、2階はガラスのみ取り替えなど、日照条件や建物・敷地の配置等も考慮した。 ・土壁を残すことにより防火性能を確保し、内張り断熱を可能にした。 ④ 初めてお会いしてから契約に至るまでの商談のおよその回数、契約に至るまでの苦労 ・5~6回打ち合わせを行った。 ・図面だけではなかなか理解が難しいことも多く、毎回6~8時間の打ち合わせとなった。

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です