「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅳ 【リフォーム事例のご紹介】
53/196

第2章 リフォーム事例のご紹介 47 天井に使用した断熱材の種類・仕様 グラスウール10kg 100mm(二重) 床に使用した断熱材の種類・仕様 発泡ポリスチレンフォーム55mm サッシの断熱性能の向上の有無(複数回答可) 一部のサッシを取り替え (断熱・遮熱Low-Eペアガラスアルミ樹脂複合サッシ) ガラスのみの取り替え 断熱・気密性能の計算、測定 Q値(before)7.83 →(after)2.50 μ値(before)0.137→(after)0.047 屋根の仕様 変更なし(軽量瓦) 外壁の仕様 変更なし(ラスモルタル+吹付) 土台、柱の劣化状況 劣化は見られなかった 特に構造材の劣化が進んでいた箇所 なし 劣化した構造材の取り替えの有無 なし 床下点検口が設置されている箇所(既存も含む) キッチン/収納 小屋裏・天井点検口が設置されている箇所(既存も含む) キッチン/収納/居室 給水給湯管に関するさや管ヘッダー方式の採用の有無 採用している 住宅履歴情報の蓄積、管理 (複数回答可) 自社および所属団体(住宅医ネットワーク)のサーバー等のデータベースで蓄積、管理 紙をファイルで蓄積、管理している 建物調査・建物診断を行った際の体制 自社が所属している団体・機関 破壊検査の有無 なし 建物調査・建物診断を行った際の人数 16名 建物調査・建物診断を行った際に参考にした図書 (複数回答可) 既存住宅性能表示制度 耐震診断による耐震等級の評価指針 その他(住宅医ネットワーク)

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です