「長寿命化リフォーム」の提案 Ⅳ 【リフォーム事例のご紹介】
35/196

第1章 調査事例の概要 29 写真16 東日本大震災で被災し、柱の上下で45mm傾いていた事例 写真17 居室の床下に、使われていない「むろ(床下食品庫)」があり、その穴が床下全体の水分を集め、非常に湿気の多い状態であるため、土台、大引きが腐食している事例 写真18 ポリスチレンフィルムにより、床下からの湿気対策を実施した事例 参照 「長寿命化リフォーム」の提案Ⅱ p.2・3 診断から事業適否判断までの流れ • 長寿命化リフォームを行ううえでは、計画にあたって、まず劣化状況を正確に把握し、取替、補強など、現場に合わせた対応を行うことが欠かせません。 • 極端に劣化が進んだ物件は長寿命化リフォームには適さないこともあるため、事業の適否判断をしっかりと行いましょう。 Point

元のページ 

10秒後に元のページに移動します

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です